ハイヒールでオシャレを楽しむ

>

ハイヒールとは何か

ピン、チャンキー、コーン、セットバック

ピンヒールは、ハイヒールの中でも、ヒールの部分が細長く尖っている状態の物です。
足の重心をかける部分が非常に細いため、大変歩きづらいという方が多いです。
つま先に負担がかかるため、外反母趾で悩まされている方も多いのではないでしょうか。
チャーキーヒールは、ピンヒールとは反対にヒールの太さが太いです。
筒ぐらいの大きさに該当します。
足元にボリュームが欲しいときに履きます。
コーンヒールはコーンが円錐形のことを指し、ソフトクリームのコーンが逆になったようなヒールです。
ヒールの部分が先端に行くにつれて、細くなっている点が特徴。
セットバックヒールは、ヒール部分が、かかと部から垂直に下に落ちており、全体が後に傾いているような形状となっています。

ルイヒール、フレンチヒール、フレアヒール

ルイヒールは、ヒールの根元が太く、真ん中にくびれがあり、地面につく場所が細くなっています。
ルイ14世の時代に流行した靴として、ルイヒールと呼ばれています。
なかでもフレンチヒールとは、ヒールの根本が太く、真ん中が内側にくびれているもの。
地面に付く部分は、根元と同じくらいの太さで表面積が少し広くなっています。
フレアヒールのフレアは、コートやスカートなどの裾の広がりのこと。
つまり、地面に付く部分に向かって、ヒールが広がった形状のものです。
ヒールの部分が広めで作られているため、ヒールの中でも非常に歩きやすく、安定感があります。
イメージとしては、レトロ感が強いです。
近年は、若者のヒール離れにより、安定感があるヒールが再注目されています。