ハイヒールでオシャレを楽しむ

>

ハイヒールを履くためのポイント

ハイヒールでの歩き方がかっこよくない人

ハイヒールが主導になってしまう履き方はよくありません。
例えば、フラフラしており、ガニ股で歩く、膝が曲がっているといった歩き方です。
ついハイヒールにつられて、背筋が曲がってたり、膝が曲がってたりなどしていませんか?
これが女性の中で一番多いと言われている悪い歩き方。
情け無いという印象がつきやすいです。
また、ガニ股はヒールに安定感がないため、楽な歩き方になる傾向となった結果の歩き方です。
これは、自然と楽な姿勢を取ろうとする人間の癖が出てきてしまうことを表します。
だからこそ、気づいたら、ガニ股で歩いていたという方が多いです。
何のためにヒールを履いていたか、思い出してみてください。
ヒールは、自分をキレイに見せるための物です。
ハイヒールを履く、自分に対するメリットを考えて、意識的に履くことが大切です。

かっこよく歩くコツ

ハイヒールをカッコよく履くコツとしては、つま先及びかかとを同時に着地させるような感覚で歩くことです。
これは、足の甲をキレイに見せることができるため、前に出てくる脚をキレイに見せることが可能になります。
しかし、この歩き方を実践するためには、背筋と腹筋が必要です。
筋力がついていないと、姿勢を保つことも難しく、歩き方に崩れが出てきてしまいます。
筋肉を使うという意識を持つだけでも始めてみてください。
まずは、お腹に少し力を入れて、背筋を伸ばし、直線的に歩く意識をしましょう。
そして、脚を出すときにガニ股にならないよう着地を考えながら歩いてみましょう。
ロボットのように遅い歩き方にならないよう、腕を少し振りながらテンポよく脚を出して歩くと不自然にならないです。